幻怪日記

http://genkaisplash.web.fc2.com/ 「幻怪☆スプラッシュ」なる音楽集団

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妖怪

「幻怪☆スプラッシュ」の世界は、「小説幻怪伝」に基づいています。

嘉永六年(1853)~七年(1854)が舞台のこのSF時代冒険ファンタジー小説は
現世に舞い降りた、光波動のモノノケ「幻怪」が
現世の破壊と新秩序創造を目論む、闇波動のモノノケ「妖怪」たちが作る邪悪な帝国
「暗黒帝国」の攻勢に立ち向かう、そんな物語です。



世界滅亡に向けて邪悪な攻撃を仕掛けてくる
暗黒帝国を率いるの「暗黒の皇帝」は、姿さえ見えない「闇の御前」

その直属で陣頭指揮を執るのが閻魔卿。
emma_Sticker1sx.jpg

そして、その配下には無数の妖怪たちがウヨウヨと
現世に受かって放たれ悪事を働いているのです。


登場する妖怪たちはざっとこんな感じ。

崇徳大天狗 ヌラリヒョン 児啼爺(こなきじい)化け狸の大煙管 肉吸い 片輪車(かたわぐるま)
応声虫(おうせいちゅう)鬼童丸(おにどうまる) 雪女(婆) 雪女(娘) 九尾の狐
酒呑童子 ヤロカ水 ケルベロス 両面宿儺 ダイタラボッチ 岩魚太夫 ザヒム=ディ・ワンバ
美濃太右朗(ミノタウロス) カマイタチ 存毘(ゾンビ) 化け猫 海小僧 海入道
野宿火 森囃子 飯綱三郎(いずなのさぶろう) 諏訪の大蜘蛛 笑般若 牛頭 馬頭
ヤマタノオロチ 巨大ガマ 鴉天狗 吐露流(トロル) 虞狸奔(グリフォン) 目堂娑(メドゥーサ)
(注:回想シーンなど会話中に出てくるものも含む)


一般の定義において「妖怪」は、必ずしも悪者、とは限らず
八百万信仰の中の「精霊」的な意味合いも強いようで
座敷わらしに代表されるように、取るに足らないイタズラをして人々を困らせる代わりに
なんらかの恵みをもたらしたりする存在でもあったりします。


おそらく、自然と密接に関わり合いながら生きざるを得なかった日本人たちの
未知なるものへの敬意と畏怖、そして生活を左右する自然へのさまざまな思いが
「妖怪」という形で表現され

時には克服すべき相手、時には大切にすべき相手、と
言ってみれば、この日本で生きていく上での同志のような存在でもあったのでしょう。



しかし、この「小説幻怪伝」で妖怪は、しっかりと人間にとっての「悪」として描かれています。
現世を司どる波動=光の波動 に対して、妖怪=暗黒帝国が立脚するのは、その逆位相の波動、つまり闇。

かつて光と闇の調和(あるいは拮抗)によってバランスを保っていた現世を

人間の「光偏重」主義でその均衡を崩し
結果として、地球を滅ぼそうとしている。

その元凶としての人間を、一掃して本来の自然バランスを保つために
世界を一度リセットするべきだ、という
閻魔卿の考えに基づき、妖怪たちは次々に人間たちを抹殺せむと仕掛けてくるわけです。

一方
現世の維持=人間たちの味方をする、それが光波動サイドのモノノケ「幻怪」なのです。


しかし、閻魔卿の言い分も一理も二理も、あるような気もしますね・・・
幻怪たちを束ねる長老「幻翁」はどう考えているのか
また、閻魔卿も、もしかしたら「闇の御前」にうまいこと騙されて突き進んでいるような気も・・・

さらには、人間~科学至上主義の急進的な人類も登場し事態は混沌をきわめていきます。。。



その辺は、実際に「小説」を読んでいただくとして。
http://novel.fc2.com/novel.php?mode=tc&nid=165992


「小説幻怪伝」に登場するたくさんの妖怪たち、実に個性的な連中です。
YoukaifileALL1xs.jpg

閻魔卿の参謀格にして妖怪軍団の筆頭、ヌラリヒョンを始め
崇徳大天狗、酒呑童子、九尾の狐は「四天王」として君臨しています。

末端兵士は「オニ」。
いろいろなタイプ~大分類で赤鬼、青鬼~がありそれぞれ特性を生かして配属いるようです。
それらを統括するのが
地獄の番人といて知られる馬頭(めず~赤鬼衆の将軍)と牛頭(ごず~青鬼衆の将軍)。

その他、山に生息する亜人類タイプの「天狗族」や、海に生息する亜人類「海坊主族」
も人間にまぎれて悪さをしたり。

また、淡水に生息する亜人類タイプの「河童族」は一部人間の仲間として光波動サイドに属したりもしています。
その辺は「幻怪外伝~河童物語」に。



さて、あなたの地方の、または、あなたが出会ったことのある妖怪はいましたか?



モノノケは、「人間」をうつす鏡のような存在ではないか、と思います。

あなたが笑えば、向こうも笑う。
あなたが刃をむければ、向こうも刃を構える。



世の中が、こんなにギスギスしていなくて
時間がもっとゆったりと流れていた、幸せな時代へ

ぜひお越しください。


幻怪☆スプラッシュ、そして小説幻怪伝、の、幻界ワールド
その扉はあなたの心の中にあります。

ぜひ、一度中へ入ってみてください m(__)m





(^-^)


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

genkaisplash

Author:genkaisplash
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。