幻怪日記

http://genkaisplash.web.fc2.com/ 「幻怪☆スプラッシュ」なる音楽集団

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くどきそめたのは十月の亥の子なり

いよいよ10月。
神無月、ですね(^-^)

神様がいないぶん、僕ら幻怪が頑張らねば!

神なき時代のロック波動、我らに任せ給へ!!ということで(^-^)


さて10月は、旧暦ではもう「冬」なのです。
たしかにめっきり涼しくなりました。

10月最初の行事は「玄猪」
十月に入って最初の「亥の日」をこういいまして
小豆やゴマの入ったお餅を「玄猪餅」といってこれをこの日のこの刻に食べ
健康増進、無病息災などを祈る、という、冬に向けての行事なわけです。

幕府(江戸城)にはこの日、幕臣たちは暮六つに登城することになっていたらしく
大手門と桜田門に盛大にかがり火を焚いて、紅白の餅を配ってお祝いとしたそうです。

冬の訪れ。
庶民たちは、この「玄猪」を持って、コタツをだしたそうな。

いいですよね~コタツ。

思わずぐっと距離が縮まったり。
そこで「くどきそめたのは十月の亥の子なり」なんていう川柳が残っていたりするわけです♡


ええ、「猪」は僕にとってもちょいと縁の深いものですから。
神話にも登場します。
「黄金の猪」
inoshishi1.jpg
北欧神話のグリンブルステイと名付けられたこの黄金の猪は
もっとも速く空を駆けるのだといいます。

空飛ぶ猪。。。「紅の豚」ってのがありましたが、こちらは「黄金の猪」
ちょっとだけ、ピンクフロイドを思い出しましたが。。。



最近は「猪」は、すっかり人間社会(とくに田舎の里山付近)で
悪者あつかいされちゃうことが多くなりました。


農作物をあらす、自動車に突進してくる、などなど。。。


いや、彼らに悪気はないはず

彼らの居場所を奪い、
「イノシシ狩り」といって面白がって彼らを殺戮してきたのは
人間。

無駄な狩りをしてるとそのうちウルヴァリンさまにお仕置きされますよ!!



こんなに可愛い猪ちゃん、もっと大事にしてあげましょうよ(^-^)







(^-^)









スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

genkaisplash

Author:genkaisplash
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。