FC2ブログ

幻怪日記

http://genkaisplash.web.fc2.com/ 「幻怪☆スプラッシュ」なる音楽集団

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こよみ

昨日の中秋の名月。今年は満月ということで皆さん大いに楽しまれたことでしょう(^-^)

「名月や 池をめぐりて 夜もすがら」(芭蕉)


まあ有名な話ですが
天文学的には旧暦八月十五日は、十五夜=満月とは限らないんですよね、これがまた。


お江戸の暦(太陰太陽暦=旧暦)の仕組みは

新月(月立ち→ついたち、の語源)を1日として「月」がスタート。

月の満ち欠けの周期は29.5日ってことなので
小の月(29日)と大の月(30日)の組み合わせで、一年が354~355日。

これに、太陽の一年(春分~春分)と重ね合わせると
ズレが出てくる。
ここで「閏(うるう)月」を入れちゃって調整しちゃう、と。

だいたい3年に一回は「一年が13カ月の年」がやってくるという。


だから、8/15といっても、天文学的には、ちょっとずれて満月じゃ無かったり。

でも、さすがおおらかお江戸ピープル。

「一日二日ずれたってかまわないやん。日が決まってた方が予定も立てやすいし
 みんなで楽しみましょ」

てなわけで、「八月十五日」を「中秋の名月」と決めちゃったのです。

※ここで注意。「仲秋の名月」は意味が違ってきます。
 「仲秋」とは「8月全体」を意味します。(「初秋」が7月、「晩秋」が9月)
 なので「仲秋の名月」は8月のステキな月夜ならいつでもOK。


さらに、せっかくなら15日が満月じゃない日もあるっていうならその前後も楽しんじゃえ!と
8月14,15は「待宵」ってことにして、8月16,17は「十六夜(いざよい)」ってことにして


ぜーんぶ、楽しい夜に演出しちゃいました。とさ。


お団子、栗、柿(牡蠣じゃないよー)を添えてちょいと一杯やりますか
てなもんで(^-^)

定番スポットは隅田川、深川、品川。だったそうな。

tsukimibune1.jpg

なんで??って

そりゃあんた、野暮なこと訊きなさんな。
(いずれも近くに遊廓がある)


それにしても、「太陰太陽暦」なかなかに難しいシステムですが
それを使いこなしたお江戸の方々のクレバーさにはリスペクト!ですな(^-^)

しかも、これに干支システムも加わるし。

今みたいな十二支だけじゃなくって、これに十干(じっかん)てのも組み合わせます。
(ほら、甲(きのえ)とか乙(きのと)、庚(きのえ)とかっていうアレ)

つまり、干支は全部で12x10の60種類!

だから、60歳を「還暦」と呼ぶわけです。
「一周いたんだよ、あなた」っていう、ね。

さらに二十四節季てのもあります・・・・
(わっ、まだあるのかっ面倒くせー)


そんなクレバーJAPANの御用達、伊勢暦。
isekoyomi1.jpg


さすがの識字率を誇る当時のニッポンですが。


みんなそうとは限らず

あたくし蝦夷守にゆかりの深い

陸奥の道の奥、現・青森県の「南部地方」
(南にあるのとちゃいますよ、思いっきり北の果てですよ。「南部氏」が収めてた地方って意味ね)

ここで暮らす、字の読めないアウトロー軍団のためには
「南部めくら暦」なるものが準備されております。
nanbumekura1.jpg

絵が描いてある催しが、サイコロの目で示した日付になりますよ、と。

「ケシの花」に点々をつけて「ゲシ」=夏至。
とか
「荷を奪う男」→「荷奪い」→「にうばい」→「入梅」
とか
「鉢とお重、もう一個鉢と矢」で「八十八夜」

・・・はあ

「二百文銭」と「砥石」と「蚊」で「二百十日」とか・・・・・・・・・





ううむ。
さすが、あたくしの祖先さまたち。
「おやじギャグ」の宝庫でありました・・・・・



ええ、ニッポンの狩猟民族、蝦夷一族は、文字なんぞに頼りはしない
「波動」です。


知るんじゃない、感じるんだ!



(^-^)








スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

genkaisplash

Author:genkaisplash
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。